2022年もよろしくお願いいたします

お久しぶりのむらかみです。
と毎度書いてるような、、^^;
最近は演者の方にお任せしちゃってますので、
新年くらいは僕なりにちゃんと書こうと思います。

昨年もたくさんの方のご協力のおかげで
映画作りが出来ました。
そして怪我や大きなトラブルもなく
1年を終える事が出来ました。
ありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

引き続き今年も「portrait(s)」の制作を行なっていきます。
去年は1月に第2話、4月に#311
9月に第3話と3エピソードしか配信出来ませんでした、、。
今年はどんどん出せるようにしたいです。
第2話を出した後に急いで#311の準備を
1月から一気にして、撮影しました。
だけど、3月11日には間に合わず、、。
結局4/12に配信となりました。
ただ、僕の中で#311が作れた事、発表出来た事は
すごく嬉しかったです。自分なりには気に入ってます。
あと第3話「セルフケア」も結構自分なりに気に入ってます。
特に蓮司と母のやりとりは、いい感じで作れたかなと。

僕がいつも思うのは、僕の時間軸が壊れている事です^^;
キャストの中でも言われている事ですが、
「portrait(s)」は何年で完成するの?!問題です、、、。

あなたとの距離について」はリハビリ的にコンパクトに作ろうと思って始めました。
というのは、前作の「僕たちのマーチ」をちょっとプロっぽく、
スタッフも増やして制作しました。
それは「マーチ」の前作の「カケラ」でちょろっと評価を貰えたからです。
「カケラ」は初めての映画、初めての映画祭でした。
映画祭は僕の個人的な作品を拾ってくれる、こんな素敵な場所だ〜と。
それで次作「マーチ」にはとても気合が入ってました。
また映画祭に行きたいと。
「僕たちのマーチ」は僕にとってはすごく大事な作品です。
もしかしたら一番大事な、これからもそう思う作品かもしれないです。
でもまったく評価は貰えませんでした。
その後の作品として「あなたとの距離について」を作りました。
最中にいろいろな人生の転機(震災にともなう転職などです)で
完成までに3年かかりました。
そんなこんながあって「portrait(s)」に取り掛かってますが、
1年に3つのエピソードしか公開してないって、、と
一瞬思うんですけど、脚本もたくさん書いてるし、
撮影してるし、
あとは編集で。(それが問題^^;)

でもスピードアップしてる気がします。

それに「豊かさ」についてはずっと疑問でした。
インディペンデントで、誰に縛られる事なくやってるのに、
撮影をこなしていく事が優先される。
時間の豊かさがない事。それは絶対改善しないと
と思ってました。
今、ちょっと実現できてるような気がします。
かといって、マーチの時に妥協してたつもりもないんですけど、、。
でも連続ドラマの形式なので、逃した事をフォローできたり、
あとは、僕は物語にやっぱり近づけなくて、
日常を積み重ねていく映画が好きなので、
その積み重ねる中で連続ドラマは相性がいい感じです。
とりとめなくなってきて、
映画を作ろうとか真に興味ある人しか分からなくなってそうな文ですが、、
ともかく2021年という年は、道標の年だなぁと思いました。

ともかく「portrait(s)」に全力を注いで
2022年なんとかやっていきたいです。

それぞれの視聴数は現在こちらです。

今回、直接YOUTUBEで発表する事で
このような反響とコメントを頂けた事は、
もちろん僕もですが、演者も
とても励まされていると思います。
本当にありがとうございます。

さらに2021年の振り返りで、、

3月に「あなたとの距離について」で
ええじゃないか とよはし映画祭
オンラインで参加させて頂きました。
その後、映画祭を運営されている会社に伺い
いろいろお話しをさせて頂きました。
そんな流れの中で、
自分が映画作りをどのようにしていけば良いのか
クリアになった1年でした。
インディペンデントのまま映画を作り続けられるシステムを
作っていかなきゃというのがクリアになった事の1つです。

僕は独立映画鍋というインディペンデント映画の団体に入っているのですが、
全体会議なるものにも初めて参加しました。
自分なりに「インディペンデント映画」を再定義する必要があるのでは?
と感じていたからです。
長時間の会議でぐったりしましたが、
運営の皆さんはこれを定期的にやられているのかと思うと
頭が下がる思いでした。
それで、やっぱり僕がどこかに所属しているのって
難しいのかなぁとも感じました。
助成金関連でいろいろな情報を得る場としては
とても学びが多くあったのですが、
自分が映画作りをどのようにしていけば良いのかがクリアになる中で、
団体にいる事を続けるのか、辞めるのか。悩み中です。

団体で得た助成金の情報で、文化庁の助成金に9月頃申請しました。
演者の方にも書類作りで資料を出して頂いたり協力してもらい、
何とか提出出来たのですが、一向に審査結果が出ず、、。
なかば、諦めかけてましたが、11月に修正なしで採択を頂きました!
これにはびっくりしました^^;
実は去年も申請して、交付頂いたのですが、
去年は書類の不備やら修正が何度か来て、ヘトヘトだったので、
もし今年の申請で修正が来たら、諦めようと思っていたので、
1発採択されて本当に良かったです。

採択されてからはバタバタでした。
本当は第3話を9月に出した後、第4話を続けて出そうと思っていたのですが、
そのような事情で、申請の手続きと、採択を受けての撮影と編集に追われ、
配信は先延ばしになってしまいました。
ただ、その分、今年はどんどん配信していきたいです。

そして、年末も年末の12/26に関係者の上映会を行いました。

「portrait(s)」は群像劇なので、長く撮影していますが、演者が集まる機会がなく、
今回の上映会は忘年会の意味でも行なって良かったです。

上映会の後は初めてのライブ配信も行いました!
でもパソコンとブラウザとの関係で途中途切れる事が多く、、
やっぱりYOUTUBEはChrome(google)で安定しました。

ライブ配信はなんやかんやで1時間ちょっと行いました。
お話ししてくれた演者の皆さんに大感謝です!
そして視聴&コメント頂きありがとうございました!
慣れておらず、何度も途切れてしまい、
うまく視聴いただけなかったかと思います。
申し訳ありません。
でもこの事を踏まえて、またやれたらと思います!

そして、一般向け上映会は今年(2022年)中に必ず行います!
今のところ、12/9~12/11の予定です!
前回の上映会から8年ぶりとなってしまいました^^;
その当時は毎年上映会を行うべし!な事をブログで書いていたのに、、
でも今年は必ずやります。
3daysでわきあいあい、
まったりあたたかい上映会を作りたいです。
それが今年の目標なので、それに向けて
文化庁の手続きも無事終わりたいですし、
編集も進めていきたいです。

それに、「portrait(s)」を始めた時からずっと考えてたり、
言ってる事ですが、クラウドファンディングをしたいです。
クラウドファンディングは作品の告知の為にもとても有用だと思いますし、
それに、正直、まったく予算が足りてませんので、
いろいろな特典を考えつつ、予算を補充出来ればと思います。
インディペンデントな割には(だからこそ?)
贅沢な制作環境だと思います。
リハーサルを行わず、撮影時間を3〜4倍近くとっています。
予算的には厳しいのですが、
この方法は、作品にとっては強みになると思っていますし、
僕の大事な方法だとも思います。

助成金やクラウドファンディングなどで自ら予算を集めて
作品のコントロールと著作権を守っていけるのが
インディペンデント映画の強みと思います。

その強みを活かして、関わって頂いているたくさんの演者にとって
価値のある作品になればいいなと思います。
そして、今年も多くの関係者の皆様に助けて頂きながら
1年頑張りたいと思います。

むらかみ

2020年度 日本芸術協会奨学金 第2回活動報告書

お久しぶりのむらかみです。

いろいろあって新年のご挨拶から
またもブログの更新が空いてしまいました、、^^;

以前のブログでも書きましたが、
indust-film むらかみは
日本芸術協会
2020年度の奨学金対象者に選んで頂いています。

年2回、芸術活動や自己研鑽に関して
内容を報告する事になっていまして、
第2回目の報告(2020年7〜12月分)を
1月末に作成し、提出しました。
活動内容がまとまっていますので、
シェアさせて頂きます。
よろしければご覧ください。

2020年度公益財団法人日本芸術協会奨学金 第2回活動報告書

そして、ありがたい事に
2021年度も奨学生として選んで頂きました。
選んで頂いた事にしっかり応えられるよう
自分なりの表現の活動を追っていきたいと思います。

時にスローペースではありますが
見守って頂けたら幸いです。

むらかみ

第1回報告>
2020年度公益財団法人日本芸術協会奨学金 第1回活動報告書

2021年もよろしくお願いいたします | portrait(s)配信スタート!

お久しぶりのむらかみです。
昨年はお世話になり、ありがとうございました。
コロナ拡大でいろいろ状況が違う1年でしたが、
「あなたとの距離について」、東京の北千住、兵庫の神戸、
神奈川の小田原愛知の大府と上映の機会を頂きました。

初めてのクラウドファンディングにも挑戦し
205000円のご支援をいただきました。
本当にありがとうございました。

いつも以上に制作した映画が多くの人に
観てもらう機会が出来た年でしたし、いろいろなご縁が、
作品を通じて出来た1年でした。

去年の後半には
新しいプロジェクト「portrait(s)」を開始しました。
初めての連続ドラマです。
コロナの状況で、映画祭も中止、延期、
オンラインになっている中、
YOUTUBEというプラットフォームで、初めてオンラインで
作品を発表していく取り組みです。
現在、第1話第2話を公開しております。
たくさんのご協力を得ながら進めております。
いつもよりはスピードアップして(いるつもり^^;)
だけども他よりは随分ゆっくりペースの進行具合だと思います。

ゆっくりペースは、もういつもの僕なので、
焦っても仕方ないです。
やれる事を順番に地道にやるしかないです。
とにかく最終話まで無事にたどりつけるように努力します。
引き続きのご支援を頂けましたら幸いです。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

むらかみゆうすけ

優しさ:都雄介(みやこゆうすけ)

みなさんこんにちは!

梶原大幹(かじはらだいき)役の

都雄介(みやこゆうすけ)です!

みなさん、連続ドラマ「portrait(s)」の第1話、第2話はご覧頂きましたか?

第1話はこちらから↓

https://youtu.be/ZhCJNDvAnIc

第2話はこちらから↓

https://youtu.be/6gj8vzXgI_w

多くの方々が、今も撮影しているので第3話も楽しみです。

個人的にちょっと注目して欲しい点もありまして、
そちらを共有させていただきます。

題して、「雄介流!連続ドラマ「portrait(s)」楽しみ方」

これは余談ですが、自分は作詞家としても活動をしており
文章や言葉を大事にしていたりします。

そこで、目をつけているのが各話のタイトル。

第1話は「#01; next to you」というタイトルがついております。
日本語の意味はというと…「あなたの隣」

ネタバレになってしまうので内容は伏せますが、

このタイトル「あなたの隣」を頭の片隅に置きながら
見るとまた楽しいかと思います。

1度見た方でも、タイトルの意味を意識していただきながら
見てもらうとあの人のあの行動だったり、
人となりがわかるんではと。

そして、第2話は「#02; tenderness」
というタイトルがついております。

日本語の意味はというと…「優しさ」

この「tenderness」実は他にも意味を持つ言葉でして
「柔らかさ」「(痛みなどの)感じやすさ」「敏感さ」など、
調べてみると意味が出てきます。

名詞なので紐づく前後の言葉によって
意味が変わる言葉だとは思うのですが。

せっかくなので、見てくださった方が
どの意味がぴったりなんだろうって
見方も楽しいかもしれません。

これが「雄介流!連続ドラマ「portrait(s)」楽しみ方」です。
ぜひ、第3話以降もタイトルにも気にしてみてくださいね。

ちなみに、第2話に出てくるお花。
実際のお花屋さんで撮影をさせていただきました。

場所は「花や Ginka」さん 場所は四谷付近です。

素敵なInstagramがあるのでぜひご覧くださいネ。

花やGinkaさんInstagram
(https://www.instagram.com/hanaya.ginka/)

これから大幹くんはどうなっていくのでしょうか。
個人的にも楽しみにです。

ぜひ、まだまだ続く連続ドラマ「portrait(s)」
「indust-film」のYoutubeのチャンネル登録しておくと
最新話が配信された際に良いかと☆

indust-film(Youtube)

https://www.youtube.com/user/industfilm

今回はここまで…

それでは♪

梶原大幹(かじはらだいき)役

都雄介(みやこゆうすけ)でした。

こんにちは!栗山 柾(くりやま まさき)役のNobu Tanakaです!portrait(s)第1と2話~

portrait(s)第1と2話を見た時、現実の物語だと感じました。
なんか今のLGBTの社会環境に近い気がしますね。
LGBTの中に最初から様々なシーンが変わり、
景色の中にも多様性がありましたね。
参加していた皆さんの、顔の表情が
楽しい時も悲しい時も怒る時もあり
人と人との関わる力があって、
このことがお客様に伝えたい事だと思いました。
次の第3話配信公開したら、またお客様に楽しく見てもらって、
感想のコメントまで書いてくださると嬉しいなぁと思います!
皆さん、portrait(s)応援よろしくお願いします!

坂崎 善インストラクター :阪崎 義勝

みなさま、はじめまして
坂崎 善(さかざき ぜん)役の阪崎です

連続ドラマ「portrait(s)」ポートレイツの第2話
ご覧いただけましたでしょうか?

第二話では、しの・たちカップルに加えて
大幹くん&栗山くん、かりんさん&太一くん、林柏睿さん
そして、自分たち善&那由多

様々な登場人物たちが織りなす日常や心の機微を、
むらかみ監督が、時に優しく、時に強く、
引き出して捉えて描いていきます。

善&那由多は、なにげない素振りで気持ちを交わし合う
ってことで、ウィンク頑張りました!
むらかみ監督やみんなのおかげでの今回のウィンク
実は撮影に45分ぐらいかかっております

大幹くん&栗山くんの給水機でのシーン
ちょっとハラハラしちゃいました?
お二人は撮影合間はとっても仲良しさんなんですよ
他の出演者への気配りや優しさも素敵なお二人なのです

これから、みんなそれぞれに
どんなドラマを織りなしていくんでしょうね?

みなさんが観ていただいての感想ももいただけると嬉しいです。
撮影も感染対策と寒さ対策しながら順調に進んでいます!

それでは、次回第3話もお楽しみに!

開けましておめでとう御座います。

連続ドラマportrait(s)の中で、
最年長&地方から参加している
「上原蓮司」役 櫛橋治竜 です。

監督と共演者の皆さん裏方の皆さんのご協力の元、
上原蓮司は数回の上京で撮影が進んでいます。
コロナの事。交通費の事。宿泊の事。
ものすご~~く考慮して日程を計画して下さっています。

本当に有りがたい事。「有難う御座います」。

さて、この文章の中で何を話そうか・・・。
読者の皆さんは映画やドラマは
どの様に撮影が進んでいくと想像されますか?

殆どの方は出来上がりの台本を渡され、
演者(役者)はセリフを覚え・・・。撮影に臨む。
即ち話の顛末も知った状態で
演技に臨むと思われて居るのではないでしょうか?

皆さんの思って居る事はキットほぼ正解です(きっとね)

でも! でも! でもですよ・・・。

連続ドラマportrait(s)は違うのです!

先述の事が、まったく当てはまらないのです(笑)

演者(役者)は所謂、
行先の解らない、
どんなイベントが待ち受けているかわからない
<<ミステリー・ツアー>>に参加している感じなのです。

例えば・・・
〇ドラマの流れ順に撮影している(順撮り)では無いので
撮影しても配信までどのシーンと繋がっているのか解らない。
↑手探りで演技+監督の演技指導に必死に食い下がる(笑)

こんな感じなのです。

だ!か!ら!
他の現場では味わえない
「スリル」「トキドキ」「ワクワク」が
宝箱の様に詰まった現場なのです。

配信を見た時に、
自分は出演していなくても
撮影現場に見学に行っていると・・・。
あのシーンこんな風になるんだぁ~!とか
関係者特典が付いてくるわけですね。

役者の演技+監督の思う表現が出来上がるまで、
撮り直しをする
執念の動画集ともいえる毎回の配信映像に頭が下がります。

マイノリティーの
個々の世間での生活とドラマの中での生活が
ミックスされた演技と毎回の配信を愉しんでいただき、
一緒に泣き・笑い LGBT当事者も同じ人間・命なんだと
感じて頂ければ
連続ドラマportrait(s)の関係者は泣いて喜びます。

今後の配信をぜひお楽しみに!
「毎回」金曜日の配信 です!

 
 

 

 

坂崎那由多:ギンジ

こんにちは。阪崎那由多役のギンジです。

今回portrait(s)に参加させていただき
初めての経験をたくさんさせてもらってます。

実は初のお芝居経験が「男性同士の夫婦」という
簡単そうで難しい役なんです…。

相手役の阪崎さんとはプライベートでも仲が良いのですが…
演技とはいえ改めて見つめ合ったりすると
照れ臭いものですね(笑)

エンディングで流れる二人で歩くシーンでは
まるで本当のカップルの様で自分でも驚きました。

ちなみに、あのシーンは音声は無いんですが
ずっと食べ物の話してます(笑)

いまのところセリフはあまりありませんが、
いつも一緒いる仲良い坂崎夫婦にも注目して見てみてください。

それでは!坂崎那由多役のギンジでした!