GIG vol.4映画上映会

むらかみです。

先日、12/9〜11まで
indust-film gig vol.4映画上映会と題して
8年ぶりの上映会を行いました!

今まで私たちの活動を知ってもらえてなかった方にも、
新たに出会える事が出来た上映会になったと思っています!

そして、過去と現在の作品の出演者や関係者が
集まれる良い機会になったと思います。
お越しくださった皆様、
応援してくださった皆様、
本当にありがとうございました!!

後日、むらかみの感想も書かせて頂きたいと思いますが、
まずは連日来てくれたキャストに感想コメントを
書いてもらいましたので、是非お読みください(*´ー`人)

「あなたとの距離について」今井裕樹役 折笠慎也さん

まずは上映会に来て頂いた皆さん、ありがとうございました。

そして企画してくれた村上さん、ダマさん、
会場でお会いした他の作品のキャストの皆さんも
ありがとうございました。

各地の映画祭を周って東京での上映、
撮影から7年経った今も色んな方に観てもらえるのは
とても贅沢な事だなと思います。

舞台挨拶でも触れましたが、
撮影当時はまだ芝居の経験ほぼ無く手探りの状態でした。

監督やキャストの皆さんに助けてもらいながら、
和気藹々と撮影した日々。
当時は四苦八苦してましたが今思い出すと
キラキラした思い出として記憶に残ってます。

また上映会等でスクリーンで観れる日が来ればいいな。
長く愛される映画になれば嬉しいです。

折笠慎也

「indust-film GIG vol.4での司会進行と…」

みなさんこんにちは!
梶原大幹(かじはらだいき)役の都雄介(みやこゆうすけ)です!

12月09日〜12月11日の3日間、
indust-film GIG vol.4が開催されました。
そこで、司会進行を任せていただきました。

司会進行、監督、出演者という試写会っぽい雰囲気を
自分の中では出したかったのですが

どうだったでしょうか?

影アナ的なこともできたり他の作品出演者様とも交流ができて
本当に本当に楽しい3日間でした。

「カケラ」「僕たちのマーチ」「あなたとの距離」「portrait(s)」
を3日間視聴者としてもじっくり見させて頂いたのですが、
どれも素敵な作品でした。

ここでは、視聴者目線での3回じっくりみさせて頂いた作品の感想を
なるべく短くお届けできればと思います。

「カケラ」

これは、本当に刺さったんです。胸に。
貴広が若い頃の自分にそっくりで…
「ゆうちゃんの優しさって時には凶器(狂気)だよ」って
似たような事を言われたことがあるんです。
言われた言葉だから、凶器か狂気どっちだろって
振り返ってもわからないのですが、そういうのを思い出したり。

あとは、どんどん家に人が増える様子は
ルームシェアをしながら過ごしていた時期に、

上京してきて部屋が決まってないとかで
2人のルームシェアの家が最終的に4人になったときも
あったなぁって思い出させてもらいました(笑)

「僕たちのマーチ」

短歌が印象的でした。
群像劇って自分は好きなのかもしれないです。

客観的に作品を見ることができていろいろ謎解き要素や
合間の上映後挨拶&Q&Aコーナーでの
監督から聞いた裏話的なのを見つけようとしたり、
群像劇ならではのつながりを感じながらも
さまざまなメッセージを受け取ることができた作品でした。

「あなたとの距離について」

まずは、セリフ「あったまろうぜ」に本当にキュンとしました。
あとは劇中で「ゆうちゃん」って裕樹を義母が呼ぶのですが、
自分の名前(雄介)とかぶるのである意味ドキッとします。

「裕樹くん」と呼ばれているときはどこか客観的に見えるのに、
「ゆうちゃん」は呼ばれた気になってしまう部分でもありました。

しかも、義母に「ゆうちゃん」って呼ばれると
言われたいなぁってなりそうな妄想も…

徐々にいろいろと判明していく展開に引き込まれてしまい、
上映後終わりの司会のセリフを
すぐに言い出せなくなってしまうほどの作品です。

「portrait(s)」

続いているのと、自身が出演させていただいているので
感想は簡潔に!
まだまだ楽しみにしてくださいね!

ちなみに好きなシーンは、まゆみと環(たまき)の牡蠣の話のシーンです。
自分に正直に環(たまき)として生きていて、
名前の部分とかも、
いろいろ気にせずに
正直に話しているのが好き。
「フライより断然生」ってセリフも好きです。

そして、振り返るとどの作品も好きで甲乙つけがたい…
「ランキングつけて!」なんて意地悪な質問されたら
ずーっと悩んじゃいそうです。

最後になりますが
お寒い中、足を運んでくださった方々
そして、indust filmに関われていることへの幸せを感じました。

今回はここまで…

それでは♪
梶原大幹(かじはらだいき)役の都雄介(みやこゆうすけ)でした。

篠原悠橙役の中村風太です


2022/12/09から2022/12/11にかけて
新宿のシアターウィングにてindust-film GIG vol.4を開催致しました!

そして、ご来場して頂いた皆様、本当にありがとうございました。

一日通し券で見て頂いた方も、本当ありがとうございます。
一日に4本映画を観るということは、なかなか無いですよね。
とても疲れたと思いますが、楽しんで頂けたなら嬉しいです。

実は、村上監督のportrait(s)以外の作品を
初めてちゃんと観る事ができました!
(あっ、カケラは時間的に殆ど観れてないのが残念です)

個人的に好きな作品は、もちろん、
おいらにはportrait(s)愛があるので1番はportrait(s)ですが、
portrait(s)を除く好きな作品でいうと「僕たちのマーチ」です。

好きなキャラクターが何人もいて、
こういう作品にも出たいなあと思いながら観てました。
個人的に好きなのは香織役、修役、あとバーに出てくる踏太の友達役2人。
踏太の電話相手役さんも良かったなー。

portrait(s)を初日に観た時、
1番最初の文化庁マークと映倫マークが出て、監督達も多忙な中、
取得のために更に物凄く頑張ってくださったんだなーとおもい、
そこからまず嬉しかったです。

そういえば、撮影に入る前。顔合わせよりももっと前。
監督達からportrait(s)のお話を詳しく聞かせていただくのに、
池袋のファミレスに行きました。
たしかそこで、映倫取得など考えているんですかって聞いたんです。

当時、お話をいただいた時、
個人でオーディションを探してエントリーするということを
していたのもあり、他の作品の監督さんにも
同じことをクセのように聞いていました。
その別作品の監督さんからは、取得は大変なので考えてません
と断言回答されていました。
色々あって結果的にその監督さんの作品には携わらなかったですが。

村上監督は具体的になんて回答していたか忘れちゃったので、
今度、覚えているか聞いてみようと思います。笑。

2日目、3日目には、NEXT映像が追加されました。
今後に出てくる様々なシーン。
どのシーンもとても素敵なパズルのようで続きが気になります。

NEXTシーンの最後に、ツリーで抱き寄せるシーンが有るのですが、
会場内で「いーなー」って小声が漏れたのを
聞けたのが嬉しかったです。

最終日には、キャスト達が色々な感想等を
YouTubeで生配信しました。

見逃した方は一緒に上映会打ち上げをしている気分で、
飲みながらでも観て頂けたらと思います。

メンバーのみ閲覧可能です。

すでにメンバーの方はログインしていただく事で
ご覧いただけます。

これからも監督を筆頭に一丸となって頑張っていきますのでこれからも応援をお願いします

『portrait(s)』上映会が終了致しました

お久しぶりです。
橘 梗太 役の 秋山 浩介です!

2022年12月9・10・11日の計3日間、
四ツ谷シアターウィングにて行われた
村上祐介 監督が手がけた4作品の
上映会が無事に終了致しました。

この場をお借りして、
まずは感謝の気持ちをお伝えさせて下さい。

今回の上映会にあたって、
SNS等でシェアして頂いた皆様。
チラシ配布にご協力頂いた皆様。
お手伝いに来て下さった関係者の皆様。
そしてご来場頂きました皆様。

本当にありがとうございました!

一つ一つの作品に込められた監督の想いを
皆様に感じて頂けた、
素敵な上映会になったなーと思います。

僕は12月9日と12月11日に会場にお伺いしましたが、
9日の際は上映時間に間に合わなかった為、
11日の最終日に特別編を拝見させて頂きました。

今回のブログでは作品を見て感じた
『portrait(s)』上映会特別編のお話を
僕なりの目線でお話できたらと思います。

若干ネタバレを含みますので、
完全初見で観たいです!って方は
ご注意頂ければ幸いです。

昨年、関係者のみの上映会で公開された
劇場版『portrait(s)』に特別編を
プラスした内容となっておりました。

その特別編の最初に出てきたのが、
僕が演じる【橘 梗太】のシーンでしたので
今回のブログを僕が担当させて頂く事になった訳ですw

そんな特別編では『しのたちカップル』の日常を
垣間見れるシーンがとても多く、
しかも今までに公開されているシーンとは違った
より二人の生活の中に深く入り込んだシーンが
ふんだんに盛り込まれておりました。

そのシーンの中には
梗太のちょっとしたフェティシズムや
悠橙の茶目っ気溢れるイタズラなど、
第一話ではまだ描かれていなかった
二人のコミカルな面をいっぱい
観る事が出来たのではないかなと思います。

今後も実はそんなシーンがちょびちょびと
出てくる予定なんですけどねwww

それに悠橙の家族も登場しましたね!

お義父さんのほんわかとした雰囲気や、
お義母さんの屈託のない優しい笑顔とか、
しっかり者の雰囲気漂う妹さんなど。

あー、こんな風な家族の中で育ったから
悠橙はこんな感じに育っていったんだなーと
ふと梗太の気持ちで
家族シーンを観ていた自分がいて。

梗太の家族は出てきておりませんが、
自分の家族はどんな家族なんだろうなーって
考えさせられたりもして…。

そんな上手くいっているように見える
家族の関係性の中でも悠橙なりに
そんな家族に対して何か感じている部分が
『実家に行く』という言葉に表れていたり。

それをドラQさん演じる『菅さん』に
突っ込まれた時の悠橙の表情などを観てると
僕自身もなんかドキッとさせられました。

それと同時に【梗太】として、
二人が過ごしている家が悠橙にとっての
【家(居場所)】なっていてくれているのかもって
その台詞からちょっと思ったりもして、
なんか嬉しくなっちゃったり。

恥ずかしながら、
【梗太】という存在が【秋山浩介】の中に
一人の人間として生きているんだって事にも
気付かされた上映会でした。

そして、今回新しい!と思った部分が
この『portrait(s)』はまだ完結していないので
これからも様々な人達の日常が
続いていく終わり方になっている部分が
とても新鮮でしたね。

もしまた来年も上映会があったら、
今回とはまた違った最後になっていると思うし。
それにその目線も『しのたちカップル』ではなく、
また違った人達の目線から描いた作品になっているかもしれない。
群像劇だからこその未知数の世界が
広がっている作品なんだなと感じました。

そういえば、9日の
上映会のみ参加された方は
残念ながら観られなかったのですが、

12月10日の上映会より
#連続ドラマportraits でも最後に流れる
【NEXT】が追加されておりました。

どんなシーンが流れていたのかは…、
10日11日に来てくださった方だけの
特典という事でここでは書きませんがw

今まで撮影してきた中で
僕が大好きなシーンの一つが
1番最後に入っていたので、
それがめちゃくちゃ嬉しかったです。

なんだか胸がギュッとなる
すごく暖かいシーンなので、
早く皆様に観てもらえたら嬉しいな!

そして、忘れちゃならない
上映会後の打ち上げ配信もありましたね!
ご覧頂いてコメント等して下さった皆様、
本当にありがとうございます♪

メンバーのみ閲覧可能です。

すでにメンバーの方はログインしていただく事で
ご覧いただけます。

めちゃくちゃラフなトークではございましたがw
それも作品とは違ったそれぞれの姿を見る事が出来て、
楽しい時間だったのではないでしょうか!?

さて、これから先も
この『portrait(s)』は続いていきます。
これからどんなシーンが増えていくのか、
出演している僕自身も楽しみで
仕方がない作品です。

是非、これからも応援を
よろしくお願い申し上げます。

撮影場所やお手伝いのご協力、
出演のご協力などもまだまだ募集しております。

是非皆様のお力をお貸しください!

長くなりましたが、
上映会応援して頂き
誠にありがとうございました!

橘 梗太(秋山 浩介)

上映会終りました

  • 投稿カテゴリー:上映関連

上映会が終って2週間も経ちました
無事に終りました!
来てくれたみなさまに
本当にありがとうございました!!

それでは、写真とともに
振り返る上映会のスタート

DSC_0410
P1030501
P1030498
劇場開く前
IMG_3354
P1030495
P1030494
P1030496
P1030497
IMG_3352
IMG_3333
IMG_3332
カケラの松江貴広くん、マーチ、青空の音楽:やすとくん
IMG_3331
IMG_3328
IMG_3327
IMG_3326
会社の元同僚:ヴェロニカさんが手伝いにきてくれました。ありがとう
IMG_3325
P1030495
P1030502
P1030508
カケラ写真の坂本和則さん。素敵な写真を展示してくれてありがとう。
P1030548
P1030513
P1030516
何から何まで手伝ってくれる、まさ。いつもありがとう。
P1030519
P1030517
マーチを撮影してくれた岡本泰宏さん。岡本さんの作品上映もしました
P1030523
IMG_3343
IMG_3342
DSC_0406

バタバタの中、準備が終わり、
カケラの上映がスタート。
松江貴広くんは手伝いから。ほんとありがとう。
そして、ロバート役、サイラス望セスナさん。お久しぶり。
来てもらえて嬉しかった。
麻木高人さん、谷澤裕一さん、永田町子さん、本当に嬉しかったです。
ありがとうございます。
麻木さんは打ち上げにも来てくれました。
北川哲史先生も久々にお会い出来て嬉しかったです。
今度、マーチも見てもらいたいです。
そして、ましちょわの李店長。とてもお世話になったから
本来なら、お店に顔を出したりしなきゃいけないのに
全然行けていませんでした。まさか上映に来てもらえるとは
思っていませんでした。本当にありがとうございます。

カケラで写真をしてくれた坂本さんが
写真をプリントしてくれて、展示してくれました。
DSC_0400
DSC_0419
僕の胸を熱くしたひとつ。
良い写真やねんなぁ。本当に。
3人はちゃんと頑張ってるかなって、思うねん。
そして、apartmentさんも素敵な演奏で
上映会に力を貸して頂きました。素敵でした。
P1030510
(注:上映前リハーサルの様子です)

やっぱり好きや。本当にありがとうございました!
もっと頑張って、カケラももっと見てもらいたいと思いました。
カケラが出来た時は、自分が思ってたような作品にはならなくて、
未熟で、恥ずかしくて、あまり積極的に見てもらいたいとは
思えなかったけど。
見直してみて、やっぱり僕の映画やなって思いました。
P1030546
P1030518
apatmentさん。本当にカケラの音楽やってもらって良かった。
ありがとうございました
DSC_0416
DSC_0413
P1030522
IMG_3374
坂本さんからお祝いのお花。ありがとう
DSC_0414
カケラの回に、元同僚鈴木さんが来てくれました!しかも差し入れまで。。
本当にありがとうございます
DSC_0417
IMG_3369
IMG_3341
直人くんにも会いたかったな。元気してるだろうか
IMG_3340

P1030528
P1030530
DSC_0404
青空の中野健治さんと。完成した作品を見てもらえて良かったです。
DSC_0403
P1030536
山本くん。頑張ってくれたから、青空は幸せな上映になりました。
ありがとう
P1030531
P1030534
青空の回は山本明くん、黒川瑠久くん、中野健治さん、木村光比古さんが来てくれました
まだキャストも完成を見てない中で上映。そしてその後に挨拶。
結構無茶やったかも笑
撮影場所の協力をしてくれた、三國さんも来てくれました。
本当に、本当にありがとうございます。
三國さんが封筒で渡してくれたお気持ち、ずっと忘れません。

P1030532
青空の上映回。客席が写ってないから、熱気が伝わらない!!!
人が溢れてました。本当に幸せでした
P1030537
マーチの上映会
白井久子さん、二階堂まりさんが来てくれました。
ほんとに心強かったです。ありがとうございました。そのお気持ち忘れません。

そんなこんなで上映会は終りました。

なんだか、上映ブースから写真撮ってるもんだから、
盗み撮りみたいな感じばっかり。。
客席側から撮ってもらうべきやった。人手が足りない。
それが一番の反省点かも。もちろん、もっとたくさんの人に
見てもらえるようにしたいっていうのも反省やけど、
今回、チラシを劇場周辺へポスティングしたり、
考えてやれる事はやったと思う。
方向性が間違ってるかもしれないけど、
行動した事は、自信持てる。やすとくん、寒い中ありがとう。
関わってくれた方々、本当にありがとうございました

P1030551
P1030550
P1030549
打ち上げに向う途中。青空の3人(山本明くん、中野健治さん、木村光比古さん)

正直、集客は、厳しい回もありましたが、
新作「青空」の回は満席!!
立ち見も出ました(>_<)
初めての嬉しい悲鳴。。
人がいっぱい来てくれると
こんなにも幸せな上映になるんですね
初めて知りました

僕は、カケラの上映で、胸がいっぱいになりました。
半べそでした。
出演してくれた方がいっぱい集まってくれて
本当に同窓会の気分になった事、
毎週土日に三脚抱えて新小岩で撮影していた
あの頃の事を思い出して、すごく胸が熱くなりました。
集まってくれた皆さんと写真撮れば良かった!!!
撮りたかった!今回は、写真をいっぱい撮る予定やったのに、
そういう風に言ってたのに!!出来なかった。
それがすごい心残り。

カケラから青空、マーチと、上映が出来て良かったです。
上映会の時も言ったんですけど、
僕の活動の根底はパンク!今回の上映会ではそれを前面に出して
やってみた。これからももっとそうしていくつもり。
自分で考えて行動していく。

あと、一度作った作品は死なない。
自分が頑張ってやっていく限り、
いつかもっと自分の存在を知ってもらえる機会が出来た時には
カケラもマーチも青空も、
もっと見てもらえると思う。
そう信じてる。辞める気は全然ないから
続けていきます。

東北の震災がきっかけで辞める事になった職場は
約10年勤めてたんですが、すごく恵まれていたなって
最近つくづく思います。
青空の回をその職場の上司が見にきてくれました。
今回の上映の案内をメールした時に、
「村上くんが映画作りを続けてて、嬉しく思います」って言ってくれました。
すごく胸があつくなりました。小沢さんありがとうございます。
ずっと忘れないです。

もっと良い映画を作れるようになります。
それで、今日来てくれた人達にも恩返ししていきたいです。
本当にありがとうございました

2014/11/24 mon indust-film GIG Vol.3

  • 投稿カテゴリー:上映関連

2014/11/24 mon
indust-film GIG Vol.3
映画上映会

独立体制(インディペンデント)で映画製作を行っている
indust-filmが2年ぶり3度目の上映会を行います。
上映ラインナップはSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009、
モナコ国際映画祭2010で上映され、
都内では初めての上映となる「カケラ」と最新作品を2本、
合わせて、関連監督作品も2本お届けします。
是非、この機会にインディペンデント映画の世界を体験して下さい。

日時:2014/11/24(月)
   12:00〜19:30(4プログラム)
    開場は各回15分前

場所:阿佐ヶ谷 ちいさな学校劇場
   東京都杉並区阿佐谷北2-12-19地下1階
    JR中央線・総武線 阿佐ヶ谷駅 北口より徒歩3分
(新宿より快速で8分 土日祝日は各駅停車をご利用下さい)
1)阿佐ヶ谷駅北口を出て左、線路沿いの「スターロード商店街」に入る
2)居酒屋「かまどか」を右に曲がりまっすぐ
3)コインパーキングのある十字路を左に曲がると左手に地下劇場へ
下る階段があります。

料金:各プログラム¥1,000
   (C「青空」のみ¥600)
   全プログラム鑑賞チケット¥2,500

+++++上映ラインナップ(4プログラム全6作品)+++++++++++++++

programA;12:00~14:20

「カケラ」 131分
監督・脚本・撮影・編集:村上祐介
出演:松江貴広/桑田尚典/サイラス 望 セスナ
<あらすじ>
幼少時に親に捨てられ、人知れぬ孤独感を抱えている松江貴広は、
ある日、ホームレスの少年に出会う。
自分とよく似た境遇のその少年にシンパシーを感じた始めた貴広は、
ある出来事がきっかけで、一緒に住まないかと切り出す。
そんな中、アルコールに倒れた外国人も介抱する事に・・・。
孤独な人達のつつましい交流が始まる。
カケラHP>>>
上映後、音楽担当:apatmentさんに
生演奏してもらえる事になりました!!!!

programB;14:40~16:10

「家族ごっこ」 49分
脚本・監督・撮影・編集:岡本泰宏
出演:みなかわあい/清水斐子/吉田隆太
<あらすじ>
最愛の母を亡くし傷心のアヤコ、幼い頃に両親共に亡くしたカズミ。
アヤコの母が入院していた病院で出会った2人は、
互いに欠けているものを埋められるのではと
家族として一緒に生活を始めるが・・・。
全ては仕組まれたことだった。

honne main
「ボクノホンネ」 1分
脚本・監督・撮影・編集:岡本泰宏
出演:吉田隆太 吉田麻衣子 吉田龍ノ介
<あらすじ>
『ありがとう』をテーマに、実際の親子を用いて
製作したショートムービー。


「ずっと蒼く」 29分
監督:保母海里風 撮影:岡本泰宏 製作:HOYS Film Partners
出演:木口健太/和泉ちぬ/須藤温子
<あらすじ>
夢を追って上京した青年、琢海(たくみ)。都会に揉まれ、
がむしゃらに生きる中でいつしか追っていた
夢すらも忘れてしまうのだった。そして10年後、琢海は
全てを投げ出して地元に帰るものの、そこには病床に伏す
盲目の母、恵子(けいこ)の姿が。
死期が近づく母の言葉に励まされ、琢海は少しずつかつての
夢を再び抱いていく。そして母への最後の親孝行を果たすべく、
琢海がとった行動とは。

programC;16:30~17:10

「青空」 30分
監督・脚本・撮影・編集:村上祐介
出演:山本明/黒川瑠久/池谷祐子/中野健治/
   高木悠衣/黒部ななか/木村光比古
<あらすじ>
「どんな仕事だって 自分が好きでやってる仕事なら
誇れるじゃないか!
八百屋さんだって 弁当屋さんだって ゴミ収集の人だって
サラリーマンだって!すごい仕事じゃんかよ!
先生だって 夢おっかけてかっこいいじゃんか!
みっともないなんて言うな!」

programD;17:30~19:30

「僕たちのマーチ」 112分
監督・脚本・編集:村上祐介 撮影:岡本泰宏
出演:中井和味/吉田隆太/よこえとも子/高木公介/森垣邦彦/
木田健太/高尾慎也/箱木宏美/白井久子/二階堂まり/藤井正子/
橋本智哉/山崎智恵/平吹正名/加藤貴広/筧十蔵/海神みなみ/
<あらすじ>
不妊治療を続けながら、義理の親との関係に悩む香織、
同性の恋人・とうたと日々を送りながらも、親の将来や
結婚へのプレッシャーを感じている修。
30歳を目前に、自分の将来に漠然と不安を抱えている美奈。
そして、妻が急逝し、その傷を癒せないでいる陽一。
突きつけられる様々な事柄の中で、自分の人生をどう生きていくのか、
自分なりの答えを見つけ出そうとする人達を描く群像劇。

チラシ表_ネット用
チラシ裏_ネット用