おおぶ映画祭2020レポート | 映画「あなたとの距離について」

むらかみです。

愛知県大府市で開催された「おおぶ映画祭2020」
に参加してきましたので、レポートをお届けします。

「おおぶ映画祭2020」
2020/09/19(土)と20(日)の二日間行われました。
元々は3月に開催予定でしたが、
新型コロナの影響で6月に延期され、
さらに9月に再延期されてのこの度の開催となりました。

多くの映画祭がオンライン開催へ変更されたり、
中止という判断もある中、
リアルで開催された事がとても心強く、
嬉しかったです。

リアルでの開催はとても大変な部分が
たくさんあったと思います。
感染が出た場合はどうするのか、
リスクを考えればオンラインや中止の判断は
仕方ないかもしれません。
でも作り手として、
映画祭の会場で、生のお客さんに触れられる経験は
やはりオンラインでは得られないものだと実感しました。
あと、Seisho Cinema Fesの時も書きましたが、
大きなスクリーンで映画を観る事は、
別次元の体験があります。

世間的な批判も含めて、いろいろなリスクがある中、
開催に向けて尽力された映画祭のすべての皆様に
ありがとうございました、とお伝えしたいです。
「おおぶ映画祭2020」に参加出来た事、
生の感想を頂けた事、
とても励みになりました。ありがとうございました。

まずは映画祭1日目、
19日(土曜日)から、、

前日深夜まで
今制作中の連続ドラマ の準備などがあり、
あまり寝る時間を取れないまま、起床!

早朝、品川駅に向かって新幹線に乗って名古屋へ、、。

クラウドファンディングでもご支援をすでに頂いている
名村様から名古屋行きのチケットを
プレゼント頂きました、、、!
本当にありがとうございます。

名古屋駅で乗り換えて映画祭の会場最寄りの共和駅へ。
共和駅についてナビを操作していると
改札前でちょうど平良千春さんと合流!
途中、知床半島映画祭の方に
「おおぶ映画祭に参加される方ですか?」と声をかけて頂き、
3人で会場に向かいました。

会場はとても大きなところでした!


受付でメンバーパスを受け取り、しばらくすると
折笠慎也さんと合流出来ました。

19日の上映作品は主にショートフィルムで
「あなたとの距離について」だけが長編作品でした。
しかも上映時間は一番最後の「トリ」!
朝から晩まですべての作品を鑑賞しました。

タイムテーブルはこちらです↓

10:30〜
「Vtuber渚」(30分)
「夏の夜の花」(25分)

11:35〜
「忘れられた神様」(25分)
「万置き姉弟」(9分)
「帰り道」(10分)

13:10〜
「ランチメイト症候群」(25分)
「ホモソーシャルダンス」(11分)
「さよならを迎えに」(25分)

14:30 〜
「懐」(7分)
「まよなかのいぬごやレース」(9分)
「この街と私」(43分)
「多日想果」(20分)

16:15〜
「あなたとの距離について」(89分)

「Vtuber渚」は他の映画祭でもセレクトされていて、
どんな作品か気になっていたので、
観れてとても良かったです。
技術のしっかりした作りと、短編ならではの
最後のオチ、クオリティの高い作品だと思いました。
監督のGAZEBOさんから映画祭後に声をかけていただき、
「あなたとの距離について」の感想を頂けたのも
ありがたかったです。

どの作品もクオリティが高いセレクションでした。
特に僕にフィットした作品2つをご紹介します。

浜崎正育子監督「ランチメイト症候群」
25分とは思えない丁寧な描写が重ねられた映画で、
とても誠実な映画だと思いました。
「僕たちのマーチ」に出演頂いた
藤井正子さんが出演されてました。

原田涼監督「さよならを迎えに」

僕的にはとても心に突き刺さった作品でした。
トラウマ的な表現演出がすごい!
そして演者がとても良い!
韓国の演者の層の厚さを感じました。
最後のカットがすごいんですよ、、。
思い出すだけで胸があつくなってきます。
この作品もとても誠実な映画だと思いました。
音楽も素敵でした。
原田涼監督とお話する事が出来て、
とても良い作品だった旨伝えました。
そして、他の映画祭で
なかなか上映の機会が出来なかったとの事を聞きました。
こんなにも素敵な作品が採用されないなんて、
やっぱり良い作品でも映画祭の判断基準によって
採用されたり、ダメだったりするので、
上映機会の少ない映画でもまだまだ素敵な映画は
たくさんあるだろう事を実感しましたし、
「おおぶ映画祭」ではこの作品をセレクトしていたので、
僕の感覚ととてもフィットする映画祭なのだと思いました。
どこかで上映の機会があったら
是非多くの人に観てもらいたい作品です。

朝から晩まで映画を見続け、
ようやく「あなたとの距離について」の上映となりました。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

素敵な仲間との出会いの機会への参加:都雄介(みやこゆうすけ)

  • 投稿カテゴリー:portrait(s)

みなさんこんにちは!

梶原大幹(かじはらだいき)役の都雄介(みやこゆうすけ)です!

今回は、連続ドラマ&映画「portrait(s)」(ポートレイツ)プロジェクトにおける
素敵な仲間との出会いの機会に参加させていただいたので
その感想などをお伝えできればと思いブログに書かせていただきました☆

いち出演者としての目線での内容ですので、
他の方や制作の監督とかの感想ではないので
その点は予めご理解いただければ幸いです♪

 

そして、共演者でもある…
櫛橋治竜(くしはしちりょう)さん、
水越友紀(みずこしとものり)さんもご一緒でした。

この制作雰囲気が好きで、何度も言ってしまうのですが
「portrait(s)」(ポートレイツ)プロジェクトの
一員になれて幸せを感じています。

 

さて、そんな余談はさておき…

 

オフショットとして出演者側の
合間に写真も撮っていただいていたり
自分たちでも撮ったりをしたので
その写真を交えて感想などをお届けします!

櫛橋さん

 

場を和ませて下さる方。
関西から参加にも関わらず
この場にも参加して下さってました!

写真からも伝わると思いますが、
チャーミング(表現古い?)な部分もある
兄貴って感じです。

 

水越さん

爽やかなお兄さん♪
最近気づいたのですが、
年齢も同じでして勝手に自分は親近感を抱いております。

 

真剣に読み合わせの台本を見ている姿を
知らずのうちに自分は見ていますね。
このとき何思ってたのかは、
自分だけの中にとどめておきます。(笑)

 

そして、この1枚

自分が読み合わせだーって
ドキドキしている中で
一緒に見て下さったり
本当に優しい櫛橋兄貴!

 

写真はその様子を大丈夫かって見守る村上監督に
イメージをしている最中の水越さんってとこでしょうか。

 

こんなに心配そうに村上監督が見ているとは…
恥ずかしいです(笑)

 

あとは、自分の真剣モードも映っておりました。
ちなみに監督と2ショット「Wゆーすけ」です。

メガネ姿も一緒でこの1枚面白い場面ですね。
なんか真剣なのに。

 

そして、この日にお会いできた方々は
本当に素晴らしい方で
それぞれ良い部分がいっぱいで、
自分自身も良い刺激を頂きました。

 

ご一緒できたらと考えただけでワクワクしたりしました。

 

そんな想いと共に、
「portrait(s)」(ポートレイツ)プロジェクトをより
素敵なものに、演じる者として
「梶原大幹」という人間が作品に影響を与えられるように
使命感が出てきました!

 

変に熱血漢な部分もある自分です…(笑)

 

あと、もう1回今回と同様の機会があります。
良い刺激や影響をもらえるので
いまから大幹もワクワクしてます☆

 

長くなりましたが…
それでは♪

 

梶原大幹(かじはらだいき)役
都雄介(みやこゆうすけ)でした。

上原 蓮司 自宅撮影(一部公開?)!

  • 投稿カテゴリー:portrait(s)

indust-film のページに来られた皆さん!
ようこそ!こんにちわ!

上原蓮司(うえはられんじ)役の
櫛橋治竜(くしはしちりょう)です。

この9月22日~23日は、
主に一軒家(協力者様の自宅)での、撮影でした。


関西からの参加という事で、
蓮司の場面を中心に撮影スケジュールが組まれています。

一(イチ)シーン(場面)を1回で、
同じ場面を角度等を変えて、など
村上監督が演者の一番良い所を探しながら
監督の思う映像が取れるまで
繰り返し・繰り返し・・・・。

蓮司の母親との掛け合いは、会社での蓮司とは違い、
母親には全否定される始末。
母親と息子の家庭内あるある・・・。

夜は新宿3丁目のISLANDさんにて、
バー・カウンターでの撮影。

ノンアルのビールの一気飲み(笑
監督・・・・炭酸でおなか一杯!
最後なんて口から溢れたもんね(笑

最後には、カラオケを歌いますが(曲名は秘密)
これが一発OKで、こっちが驚いた(笑
(あまりにも下手過ぎて・・・・。
2回も聞きたくなかったのか? 蓮司の心の叫び!)
カラオケの映像!使われるかどうか?こうご期待っ!

何度も同じシーンを撮影し
監督の理想とする絵が取れるまで対寧に丁寧に。
監督の映像への愛・情熱・実直さ、
そして演者への
信用が伝わる現場を体験させて戴きました。

村上組の1人として、
時間を共有させて戴けたこと本当にうれしく思います。

監督・スタッフ・沢山の協力者
演者の皆さんの
「優しさ」と「愛」に支えられて撮影は進みました。

今回のドラマで監督が目指している、

マイノリティーと言われる、
LGBTQ+の皆も共生していて、
多数を占める皆さんと同じ様に
笑い・泣き・悩み日常を過ごしているんですよ!

と言うメッセージが強く、さり気無く、優しく描かれる
ホンワカした優しいドラマになると強く感じました。

2020年11月(予定)から
YouTube隔週で公開される「連続ドラマportrait(s)」
にワクワクです。

今後も順に演者さんが
感想や想いをUPしていきます。
ここでしか書けない裏話も
期待できるかもしれません。

配信が始まるまで、配信が始まっても、
このindust-filmのページと
「連続ドラマportrait(s)」を平行して楽しんでください。

「連続ドラマportrait(s)」で皆さんに
お目にかかれる日を楽しみにしています!

上原蓮司(うえはられんじ)役
櫛橋治竜(くしはしちりょう)

三拝

#連続ドラマportraits
#indust-film
#自主制作ドラマ
#村上祐介
#中村風太
#秋山浩介
#櫛橋治竜
#インディペンデント映画