悠橙の思い出を巡る:秋山浩介 ブログ

  • 投稿カテゴリー:portrait(s)

ブログではかなりお久しぶりになりますね。
改めましていつも応援ありがとうございます!
どうも!橘 梗太 役の秋山浩介です。

僕は割合的には室内のシーンが多かったんですが、
ここ最近ではロケーション撮影が続いておりまして。

素敵な景色や時間が経つ毎に変わっていく空色を見てると、
やはり室内の撮影とは違った新鮮な気分になって、
心から楽しみながら撮影に取り組ませて頂いてます。

今回の撮影は特に中村風太くん演じる『篠原悠橙』の
思い出を巡るシーンを撮影していたので、
余計に気持ちが高揚していたように思います。

長年連れ添った仲の二人でも、
お互いにどんな風な場所でどんな風に育ってきたのか、
まだまだ知らない事が沢山あるんだなって。

 

そんな悠橙の故郷の景色を歩きながら眺めている時、
梗太はどんな事を感じるんだろうか…、
嬉しさ、楽しさ、寂しさ、様々な気持ちが一気に巡るのかな?

なんて、そんな事を考えたりしながら
演じさせて頂きました。

今回は悠橙の故郷を歩きながら、
今の悠橙を作ってくれた思い出を巡る撮影でしたが
僕、梗太はどんな思い出を持っているんだろうか。

どんな景色が僕を育ててくれたんだろう。
今の梗太を作ってきた故郷はどんなんなんだろうか…。
そんな事を改めて考えさせられた撮影でした。

そして日々が当たり前のようになっていたけれども
悠橙に出逢えた事や、一緒に居れる事の幸せを強く感じた
僕の中では今までにない感情が生まれたシーンでした。

そのシーンが公開されるのはまだ先のお話かも知れませんが、
僕にとってこのシーンは一つの『しのたちカップル』の絆が再確認出来た
大切なシーンの一つになったと思います。

そーだ!今回撮影にご協力下さった『奥(オク)様』より
美味しそーな鍋を振る舞って頂いたそうですよ!
僕は諸事情でお邪魔する事が出来ませんでしたがね…(泣)

後で拝見したお写真から鍋の温かさと同じくらい、
人の温かさも伝わってきて。

#連続ドラマportraits は、
本当に沢山の人々に支えられていて、
映像からもその温かさが伝わってくる作品だと実感しています。

2022年も撮影は続きますし、
まだまだ多くのストーリーが展開されていきますで、
どうかこれからも皆様の応援で
#連続ドラマportraits を沢山温めて下さい!

では、またね!

四日連続撮影

  • 投稿カテゴリー:portrait(s)
こんばんは、篠原悠橙役の中村風太です。

劇中では、おいらが演じる「篠原悠橙」という名前が
基本的にあまり出てこないので
Twitterなどで画像をアップすると
「芸名を変えたのか?」とまれに聞かれますが、
あくまでportrait(s)の役名ですよ。

実は、11月20日から11月23日の4日間
集中的に撮影しました

11月20日は早朝から起きて移動し、
大きな病院を貸し切っての撮影。

ここで初めて、
お父さん、お母さん、妹が揃いまして
家族全員揃ってでは、初の顔合わせ。

そして、妹には彼氏もいたようで
みんなで和気藹々と撮影しました。

11月21日も早朝から移動
千葉県での撮影です

ご自宅を撮影現場として貸していただいた上、
沢山のおもてなしを受け、
ご好意に甘えながらのびのびと撮影出来ました。

そのご自宅では、23日にも早朝から伺わさせて頂き、
遅くまで撮影をさせて頂きました。
本当にありがとうございます。
まだ、自宅シーンは終わっていないので
またお邪魔させていただきます。
その際は、また宜しくお願いします

11月21日の撮影では、もう一つの現場
昔ながらの雑貨屋さんで撮影しました。

とても、雰囲気のある優しい場所でした。

お店を切り盛りされてるおばちゃまに
「大谷翔平さんに似てる」と言われ、
ついに「翔平ちゃん」と呼ばれてました笑
こちらの雑貨屋さんのおばちゃまやご主人さんも
とても優しく懐かしい感じがして、うれしくなりました。

そうそう
23日に自宅撮影していた時、
お隣さんが声をかけてくださって、
お庭の蜜柑狩りをさせてくれました。
とても良い匂いの美味しい蜜柑でした😄

本当、portrait(s)は沢山の方々に支えられて
作られていっています。

またしばらくしたら千葉の現場に戻るので、
今から楽しみにしてます。
撮影風景は、
インダストフィルムの公式で上げているみたいなので、
是非ご覧ください。

篠原ゆり(しのはらゆり)役:石井花奈(いしいかな)さん

暖かくて雰囲気が柔らかいアットホームな現場でした!
監督が作品づくりに熱意を持ち、真剣で、人柄も素敵な方だからこそ
出演者、スタッフさん、協力してくださる方々、共に優しくて
魅力のある方が集まるんだなと常々思っていました。

撮影も皆さんのナチュラルな姿を引き出すのが上手く
一人ひとりの内面に実際にあるものが、フッと出てくるからこそ
こんなに繊細でリアルなものが映せるんだと。
人間の美しくも儚く、弱くても強く芯のある…
そんな細やかな人間模様を引き出して映す監督と
描き出す皆様の力に感動です。
今回撮影したシーンもどのような出来上がりになるか
今から楽しみです!

篠原春子(しのはらはるこ)役:高崎佳代(たかさきかよ)さん

皆様初めまして!

篠原悠橙の母親、春子役を演じさせていただいております、
高崎佳代と申します。

先日、都下の某病院と、千葉某所での撮影に参加させていただきました。
ドキドキしながら現場にうかがったのですが、
スタッフさん、役者さん、みなさま
優しい素敵な方ばかりでほっとしました(^^

普段はどちらかというと三枚目路線のコミカルな役が多いのですが
今回は自然なセリフが多い。
選んでいただいたからにはちゃんとこなせなければ!
変な汗をかきながらなんとか撮影が終わりました。

監督のリードがとても上手で、緊張をほぐしてくださるし、
的確に指導してくださるし
いい空気の素敵な現場だったのがとても助かりました。
監督に出会えたこと、この役をいただけたこと、
今回のキャスト、スタッフの皆様と出会えたことは
自分の役者人生にとってとても幸運な出来事です。
まだ撮影は続きますが、気合をいれて頑張りたいと思います。

千葉の某所(一戸建てのおうち)のお隣のお庭になっているおみかんを
悠橙役の中村風太さんがなぜかミカン狩りさせていただいて
もってきてくださり、
みんなでいただきました。さすが癒し系です。

まだまだ続く「portrait(s)」を皆様よろしくお願いいたします。

第三話 如何でしたか?

  • 投稿カテゴリー:portrait(s)

皆さんこんにちは。

第三話 如何でしたか?
今回本編で初登場の
「上原蓮司」役の櫛橋治竜 です。

第三話では、国民的介護問題に
フォーカスされているように感じました。
そして、マイノリティの皆にとって法的に認められない権利や
生活不安についても予告的なものが含まれる内容となっていましたね。

連続ドラマ&映画「portrait(s)」(ポートレイツ)
セクシャルマイノリティーのいろいろな人が登場する日常生活を
大切にした連続ドラマ の本意が顔を出しだしたと感じています。

クローゼット・ゲイ 蓮司は母親との間に見えない壁が有ります。
母親とも他人と話する時も基本バレ無いか?
緊張し投げやり?
言葉短く話しています。
この壁を乗り越え、介護問題をどの様に乗り越えていくのでしょう?

映像は切り取って撮影されていくので、実は出演者にも、
話のどの部分を撮影しているのか?知らなくて・・・。
皆さんと同じ様に公開を楽しみにしているのが現実なんですよ。

映像を見てこんな風に纏まるんだと
監督の手腕やストーリーに感心しております

とココまでは蓮司の個人的な感想で・・・。

 

じ・つ・は 役者本人はお酒を飲まないのです(笑)

映像の中で飲んでいるのはノンアル・ビールなのですが、
この撮影以降 飲む練習をしております。
基本飲まない人なので、撮影時に監督が当初用意してくれた本数では
足りず5本ほど買い足したという事は内緒です(飲み方が下手(笑))。

オフィスのシーンでも、
お菓子を食べるシーンがあるのですが(今後出てくると思われる)
そこでも、お菓子が足りなくなって買い足したという・・・・。

 

なんともカントモ、
毎回飲み物や食べ物が足りなくなる蓮司チームです
(監督ごめんなさい)

蓮司はクローゼット・ゲイで、
本当の自分と世間の目の間に挟まれている役所です。
本来は、表面はもっとナゲヤリで、ツンケンし、
内心は不安とか寂しさとか本当の自分を認める事を
怖がっているのかも知れません。

今後、マイノリティ・マジョリティ関係なく訪れる介護問題、
クローゼットの蓮司はどの様に乗り切切るのか?
出会いはあるのか?
そして、新しい出会いを感じさせる、登場人物が多く登場しました。
彼達彼女達の気持ち思いの行方は・・・。

連続ドラマ&映画「portrait(s)」らしく、
マイノリティーの人達にとっては日常過ぎていったいどうなるのか?
気になる・・・

マジョリティーの人達にとっては「へぇ~ みな一緒じゃん」
という展開になるのか?

回を追うごとに目が離せなくなってきました。
監督の撮影するピカイチ綺麗な映像にも期待が高まりまね。